二重整形で理想の目元にチェンジ【お得に済ませることが可能】

サイトメニュー

自分に合った施術を選ぶ

女性

まぶたへの負担を解消

理想の二重まぶたと言っても、外国人のように幅広でインパクトのある二重、末広がりのナチュラルな二重など、人によって求める二重の形は異なります。二重施術の方法には埋没法と切開法の2種類があり、理想の二重を作れる二重整形施術を選ぶことが大事になります。まず、末広がりのナチュラルな二重を作るには、糸で留めるだけの埋没法が適しています。施術の時間も15分程と短い時間で完了し、目元の腫れも3日ほどで治まります。糸で留めるだけなので元に戻すことも可能で、後で二重の幅を変更したいときにも対応できます。将来的に二重の幅を変更するかもしれない人は、埋没法を選ぶのが良いでしょう。ただ、まぶたに脂肪が多くついている場合、留めている糸が弾け切れてしまうことがあるため、まぶたの脂肪が多い人には向いていない方法です。幅広の外国人のような二重を作るには、切開法が適しています。理想の幅でまぶたを切開して縫合し二重を作る方法で、脂肪が厚い場合は除去も可能なので脂肪で腫れぼったいまぶたの人にもおすすめです。施術時間は1時間ほどで、目元の腫れがひくまでに1週間ほどかかります。このような事を参考にして、自分に合った二重整形を選ぶと良いでしょう。近年は、二重整形施術を行わなくてもセルフで二重にできる方法がたくさんあります。最も一般的なのは二重用ノリやテープで、毎朝メザイクにいそしんでいる人も多いでしょう。しかし二重整形の施術は、セルフでは得られないメリットがいくつかあります。まずは、毎朝メザイクをする必要がないため、メイクの時間が短縮化できることです。朝の時間は貴重なので、5分でも短縮できれば嬉しいものですよね。次に、肌にダメージを与える心配がなくなることです。まぶたの皮膚は非常に繊細であるため、二重用ノリやテープは皮膚への負担になります。長期間続けることによって、まぶたの皮が伸びて下垂することもあります。二重整形施術を受けると皮膚への負担が解消されるだけでなく、伸びた皮膚を切開して元通りにすることも可能です。たるみのないぱっちりとした瞳を作り出すことができます。毎日二重の幅が異なったり、途中で糊がはがれて一重に戻ったりする心配もなく、ノーメイクでも自分の目元に自信が持てるようになるのも、二重整形のメリットと言えるでしょう。

Copyright© 2018 二重整形で理想の目元にチェンジ【お得に済ませることが可能】 All Rights Reserved.